株式会社リングスター

MENU

リングスターの歴史

リングスターは明治時代に創業し、明治・大正・昭和・平成と歴史を重ねてきました。
創業者の思いを受け継ぎ、時代を超えても求められる商品づくりに、命をかけています。
形のないところからカタチをつくる。

明治

  1. 20年(創業)

    唐金吉松(一代目)
    大阪市南区河原町に於いて木材加工業(現在の製材業)を開始。
    木くずを利用して貿易用手鏡、文具用品を製作。

    初代 唐金吉松氏(明治20年)

    創業当時の木工所、当時は木造二階建の小さな工場だった。

大正

  1. 元年

    唐金重平(二代目)
    唐金木工所として創業する。木製工具函タップタイズセット函を考案。
    お取引先K・K神戸製鋼所、不二越興業。

    三代目 唐金重起氏(大正6年)

  2. 6年

    唐金重起代表者となる(三代目)。

    三代目 唐金重起氏(大正6年)

    昭和初期のカタログ

    昭和初期の工具函

    二段式工具箱【昭和46年製】

昭和

  1. 昭和初期のカタログ

    昭和初期の工具函

  2. 2年

    本社現在地に工場を新設。
    機械工具商社及び工具メーカーの工具函を製作。

  3. 15年

    戦時中軍需兵器収容指定工場となる。

  4. 20年

    終戦、事態の一変により本来の生産に復帰する。

  5. 36年7月

    株式会社唐金工具函製作所設立。(資本金100万円)

  6. 38年4月

    リングスター印スチールTOOL BOX標準規格化国内販売開始。

  7. 42年4月

    生産ライン塗装設備近代化本社工場3階建新設。

  8. 43年1月

    唐金工業株式会社に社名変更。

  9. 48年

    資本金400万円増資。

    二段式工具箱【昭和46年製】

  10. 54年3月

    唐金昭次郎代表取締役就任(四代目)。

    四代目 唐金昭次郎氏(昭和54年)

  11. 54年12月

    ニーズの多様化に伴プレス工場増設。

  12. 60年

    中型コンピューター導入。

  13. 63年6月

    奈良生駒北田原工業団地に土地購入、
    資本金1600万円に増資。

  14. 63年8月

    USA・シカゴハードウェアショウ及びTOOL BOX業界視察。

  15. 63年12月

    米国デルタ社・フランボウ社製プラスチックTOOL BOX輸入。
    国内販売開始。

  16. 本社

    大阪工場

    奈良第一工場

    営業本部

    奈良第二工場

平成

  1. 大阪工場

  2. 元年1月

    本社配送センターの新設。

  3. 2年9月

    株式会社リングスターに社名変更。

  4. 3年3月

    奈良プラスチック成形工場鉄筋2階建新設。
    プラスチック成形工場第1期開業。

    奈良第一工場

  5. 6年2月

    フィッシング業界へ進出。
    (フィッシングショーOSAKA/TOKYOに出展。全国代理店設定)

  6. 6年6月

    本社事務所建設。

    本社

  7. 6年7月

    業務の多様化により本社、奈良工場に
    大型コンピューターオンラインシステム導入。

  8. 7年6月

    奈良プラスチック成形工場第2期諸設備工事完了。

  9. 7年11月

    資本金3200万円に増資。

  10. 10年12月

    奈良工場近接地に土地購入。

  11. 11年7月

    生産、物流、営業を統一により、
    営業本部ロジスティクスセンター建設。

    営業本部

  12. 13年4月

    新潟オフィス開設。

  13. 20年8月

    関東オフィス開設。

  14. 21年1月

    唐金吉弘 代表取締役就任。

  15. 24年11月

    優良申告法人として表敬。

  16. 25年3月

    奈良第二工場新設。

    奈良第二工場

  17. 25年8月

    奈良第二工場開業。

  18. 28年6月

    新規事業拡大のため東京営業所開設。

↑

閉じる